⇒☆すべての記事をみる Read all articles

城、寺
記事一覧
⇒●限定1点!!今すぐ見る Will you buy a landscape painting of a Japanese female painter now?

⇒☆最初の記事からよむ Read the first article



⇒◆ブログで収入得る方法、今すぐ無料登録する(㏚)

上秦野神社さまゎきょうこに!震えるような力を与えてくれた強いパワースポットォ~!!

上秦野神社さま:2



◇上秦野神社由緒沿革

 祭神:誉田別命、大日霊命、菅原道真、上筒男命、中筒男命、底筒男命、
    八幡太郎義家、倉稲御魂命、鎌倉権五郎景正、彦五瀬命、
    素戔嗚尊、大国魂命、大山咋命、保食命

 創立:創祀年代詳らかにせず。後陽成天皇(第107代)の文禄3年(1594)
    9月再建し仁孝天皇(第120代)の文政4年(1811)正月更に社殿を
    建築す。(中略)  

 例祭:4月3日(以下略)

(上秦野神社由緒沿革より抜粋引用)



沼名前神社さまゎ足利尊氏さまを将軍へ導いた神様(英語版)



上秦野神社さまゎとっても威厳と

力を兼ね備えたパワースポットとしてっ!

きょうこを助けていだだきましたわ♪ o(゚~゚; )oドコドコo( ;゚~゚)o





上秦野神社さまがご鎮座される場所わぁ~

丹沢山塊のお山がきれ~いに見える高台にあって

名水も湧くぅ~本当に聖なる場所って

感じましたわ。。。(=^ー^=)にこっ♪





し・か・もっ!こちらゎ藤原系の

波多野(秦野)氏の一族ぅ~

菖蒲氏のお城があった場所とも

言われていまぁ~す! ((┘ ̄- ̄)┘ナント!

菖蒲のお花や名水ゎ

鎌倉時代でも有名な場所だったんですねー





菖蒲氏の一部ゎ鎌倉武士ですからぁ~

中国地方の浜田の方に

移住したそうですよっ





上秦野神社さまに源氏の祖、

八幡太郎義家さまや鎌倉景正さまが

お祀りされているのもっ!

後三年の役の時、ご褒美として

波多野氏がこの秦野の地を

戴いたのと関係あるかも。。。(*゚。゚)ホー



.

きょうこも源氏の末裔としてっ

ご先祖さまの八幡太郎義家さまや

守り神さまの住吉三神さまから

お仕事上のご加護をいただけましたわ♪ (* ̄^ ̄)ヾ(-ェ-ヽ)ハハァー!!





パワーのご助力を胸に!

これからも一層精進していきたいと

あらためて思いました。。。





上秦野神社さまのご境内わ

裏手に道路が通過してしまっているのがぁ~

ちょーっと残念ですけれどォ~





りっぱなご神木が聳え

波多野一族の菖蒲氏のお城だったんじゃないかしら・・・・

と思えるほと眺めがよい場所なのでっ





静かに神様のパワーと対話できる

素敵なスピリチュアルプレイスだと

感じましたぁ~♪ ヾ(*^~^*)ノわーい





お城ファンの方も

一度いらしていただいても

いいかもかも。。。 パチッ☆-(0・ω・0)bネッ♪





みなさまにとって今日がよい日でありますように・・・



□ きょうこのお気に入り度: 5(★★★★★)
・清浄度:3(★★★☆☆)
・パワーレベル:4(★★★★☆)
・ご利益指数:5(★★★★★)

上秦野神社の場所
関連記事
スポンサーサイト
⇒◆infotopは・・・
⇒各種ポイントを現金へ交換、今すぐ無料登録する(㏚)
旅行記
記事一覧

甲信越ランキング

テーマ : 神社
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:神社さま 




 ↓★記事をすべて読む↓
     P R
作者:きょうこのプロフィール

きょうこ☆彡

Author:きょうこ☆彡
歴史散歩が好きなカメラ女子です。日本国内の神社さまを参拝したり、美肌温泉めぐりをしたり、スィーツを食べたりして、お散歩やパワースポット女子旅を楽しんでいます♪きょうこのブログでゎ、きょうこが体験したことや、感じたことをそのまま書いていますのでっ、皆様もどうぞご参考になさってくださいませ。

↓↓◆最近の更新ゎこちら↓↓
   相互更新通知。。
     P R



we-ifd.org

バックリンクゲット

www.we-ifd.org 相互リンク

雑学事典

相互リンクSEOアクセス

サイト登録宣伝無料AUL

お気に入りドットコム 口コミ&ランキングの情報ポータルサイト。
口コミで評判になった旬な人気サイトも簡単に検索。ランキングもオススメ!

相互リンク検索エンジン~AtoZ♪Search~

ブログランキング

ブログ王ランキングに参加中!

BlogPeople「旅・民族/国内旅行」ブログランキング

⇒☆すべての記事をみる Read all articles

⇒☆最初の記事からよむ Read the first article